アメリカからのつぶやき。只今、つぶやきの内容は愛ハムのことのみです。ハムスター大好き☆

| RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
1リットルの涙
「1リットルの涙」という本が去年の映画化に続き、ドラマになる、と姉がメールで教えてくれました。
この主人公の木藤亜也さんは、私の実家と同じ街に住んでおられました。
この本が発売された当時、地元ということでかなり話題になり私も姉も子供の頃に読み、私たちにとって今でも忘れられない1冊です。
夏休みの宿題の定番・読書感想文の推薦図書なんかにもなっていて、多分私くらいの年頃の愛知県出身の人の多くが知ってるんじゃないかなーと思います。

しかも彼女は私の高校の先輩にあたります(途中で転校されてしまいましたが)。
映画の写真を見ると、私が着ていたのと同じ制服を着ていてちょっとびっくり(笑)。何十年と変わらない(今でも変わってません)制服が妙に懐かしく感じました。
ドラマでも同じ制服を着てくれるのかが、ものすごく気になって仕方ありません(^^;)。

もちろんそれを抜きにしても、いつか映画もドラマも見てみたいなあと思います。
そしてもう一度あの本を読みたいです。
| その他 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
あいかさんいきなり過去ログにコメントしてごめんなさい。
私も20年ほど前に“1リットルの涙”読んですっごく感動しました。その日は泣きながら
一気に読み終えました。亜也さんのお母さんが書かれた“命のハードル”も読みました。
今でも私の大切にしてる本のひとつです。
去年映画も観に行きました。私の住んでるところでは上映されなくて豊橋のAMCまで
行きました。(*^^)v
で昨日の新聞に“ラストレター”っていう亜也さんとお友達のお手紙通信の記録が出版!って出てたので早速買おうと思ってます。
なんだか同じ気持ちの方とハムを通じて出会えた感じ♪に一人感激しちゃって〜。
(突然勝手な思い込みですみません)(^^ゞ
| コダちゃん | 2005/09/05 9:08 PM |
>ゴダちゃんさん、
いえいえ、自分の書いたブログにコメントがいただけるのはすっごく嬉しいです♪
私も「命のハードル」も読みました。
今度はお友達とのお手紙を出版されるんですね!私も読んでみたい!!
でも今は「1リットルの涙」をもう一度読みたいです。
子供の頃読んだときはあやさんよりも年下だった私が、今大人になって読んだらきっとまた違う感動があるんだろうなぁと思うんです。

それからちょっと気になるんですけど、ゴダちゃんさんも愛知県の方でいらっしゃるのかしら・・・。
豊橋まで映画を見に行かれたということは、もしかして私の実家からそう遠くないかも?!とちょっとドキドキしております(笑)。
| あいか | 2005/09/05 10:55 PM |
「1リットルの涙」は文庫本で今出てますからあいかさんに送ってあげたい〜♪なんて思っちゃいます。また違った感動が絶対ありますよね。TVドラマも楽しみです。
私は愛知の隣の静岡県に住んでます。西部地方なんで映画は豊橋のAMCや豊川のサティに行きますよ。1時間くらいで行けちゃうし駐車場がタダだし〜(*^^)v
| コダちゃん | 2005/09/06 7:37 AM |
>コダちゃんさん、
1リットルの涙、文庫本もあるんですね!
いつか手に入るといいな♪

ゴダちゃんさんは静岡県にお住まいなんですね。
豊橋まで1時間くらいということは、そんなに遠くないですね〜。
とういことで、勝手に親近感を感じさせてもらってマス(笑)。
| あいか | 2005/09/07 1:27 PM |









<< NEW | TOP | OLD>>